Blog

Two columns masonry with sidebar

格安レンタルサーバーの比較

おすすめのレンタルサーバー

Xサーバー

月額1,000円~



wpX,wpXクラウド

月額500円~

ワードプレスに特化したレンタルサーバー


格安だけどおすすめのサーバー

ロリポップ(ライトプラン) ロリポップ(スタンダードプラン) さくら(スタンダード)
 初期費用 1,500 1,500 1,029円
月額料金 300 600  515円
年間一括  3,000円  6,000円 5,142円
ディスク容量  50GB 120GB  100GB
 転送量  5GB /日  10GB /日
 MySQL5  1個  30個 20個
 WordPress
 バックアップ
メールサポート
チャットサポート ×
電話サポート × ×



ロリポップ・レンタルサーバー

さくらサーバー

弊社は本日1周年を迎えることができました。

本日2015年9月8日、株式会社ドリームディレクションは1周年を迎えることとなりました。まずは、皆様方の暖かいご支援とご愛顧に厚く御礼を申し上げます。

 

さて、会社の代表として、また、一個人の1年間の整理も兼ねて、この場を借り、会社設立の想い、現事業スタートのきっかけ、今後についてを記載させていただければと思います。

思い返すと、なかなか思うようにいかないことも多い1年でしたが、たくさんの人との出会い、新しい事の連続、悩みの尽きない毎日の中で、楽しみも多い1年でした。
支えて頂いた方々に、改めて感謝を申し上げたいと思います。

 

保険会社を退職そして会社設立へ


保険会社で働いた6年間は、いい先輩・後輩にも恵まれ、いい顧客にも恵まれ、希望の職場にも赴任し、自分で言うのもなんですが、そこそこ順風満帆だったと思います。もちろん、細かい不満はありましたが、決定的な不満は一つもありませんでした。
さて、それでも退職したわけですが、退職後、「何でそんないい会社辞めたんですか?」「何が嫌だったんですか?」「もったいないですね。」と未だに念仏のように同じようなご質問をいただく毎日です。本当にこれという不満はありませんが、強いて言うなら定年まで転勤は嫌だなぁということ、忙しいせいからか会社の雰囲気がなんだか暗い気がしたということ位でしょうか。
それでも、前職を退職したのは、新しい仕事のほうがワクワクできるかも。先が見えない仕事のほうが面白い。という気持ちからでした。人生って1度きりですし、たまに攻めたくなることもあります。何かを手に入れるのには何かを失うことってありますから、この選択には後悔はありません。
ちなみに、退職後の半年は、自分史にも残る大失敗ではありましたが、まぁ今となってはそれもまた人生と思えるまでになりました。自分でもびっくりするぐらい勢いだけで、何も考えていなかったことは激しく反省していますが・・・。

半年間の不毛な期間を経て、勢いで会社を設立。

ですが、実は地域ポータルサイトの運営を主業とすることに決めたのにはちゃんと理由があります。
原点は、『コミュニティデザイン-人がつながるしくみをつくる-(山崎亮著)』との出会い。いつかは忘れましたが、たまたま母校の大学に行く用事があり、時間が空いていたため入った本屋で、たぶん平積みされていたこの本に出会いました。たぶん、なんとなく買ったんでしょうが、とてもワクワクする気持ちで本を読んだのを覚えています。
要約はしたくないんですが、まちづくりのワークショップを通じて、人と人がつながりを「仕組み」と「デザイン」で作っていく人の話です。
例えば、「この施設にどうやったら人が来る?」をとことん突き詰めると、ランドスケープのデザインにはじまり、チーム作り、運営主体は誰であるべきか、人と人が繋がる導線、あらゆる観点を検討する必要があります。しかも、1人、10人、100人、1000人と登場人物が増えれば増えるほど難しくなるし、成果も大きい。まちづくり(コミュニティデザイン)って面白い!!

地域ポータルサイトも、まちづくりの第1歩としての事業。私はWEB完結型の効率化された世界を望んでいません。なので、例えばこのサイトには今のところ通販機能がない。地域密着なのに通販は必要ないという考えからです。
地域ポータルサイトは、非効率で面白い「いわき」という「まち」を補完する、マーケティングとコミュニケーションのツールに育てていきたいなと考えています。
その後の展開は、まだイメージできていませんが、今よりもっとワクワクする「まち」をつくること。軸をぶらさず、今後も頑張っていきたいと思います。

 

-ちょっと脱線-本屋って素晴らしい!!


本屋にはWEB上で効率化された本屋(代表例はamazon)にはないワクワクが満ちていると思います。
本屋の平積みコーナーには、本屋が独断と偏見で選んだおすすめ本が並べられ、ふらふら歩くと普段検索しないであろう本を手に取って見れたり、非効率ってなんてすばらしいことか!!
Amazonは、ロングテールビジネスモデルの典型として、とにかくどんな本でも手にはいって便利だけど、あまりに効率化されすぎていて、不必要に本を買う機会が発生しにくいことが弱点でもあります。要は、非効率から生まれる出会いが少ない。

店舗を回っていると、「店頭で商品を見て、最終的にWEBで買われるんだよ~」と嘆く方も多いですが、店頭でしか体験できないことにもっと付加価値を付けることを真剣に考えているのかな?と生意気にも思うことが多々あります。
WEBは、実店舗に100%取って代ることはほぼないでしょうから、もっと頑張ってほしいなと思います。

限られたスペースで、限られた本しか売っていない、非効率な本屋ってやっぱり面白い。

※アメリカには本屋がほとんどないそうです。日本は10年後どうなんでしょうか?

 

WEBツール制作の在り方


WEBの世界はとても自分勝手な人が多いなとつくづく感じます。
ホームページを制作するエンジニアは、ソースコードをきれいにすること、仕様書通りに実装すること、見た目が良いホームページを作ること位しか気にしていない人があまりに多いことか。

そもそもその仕様書(機能)に根拠はあるのか?
そもそも使い手の未来を想像しているのか?
果たして、数ピクセルを美しくすることやきれいなソースコードに何の意味があるのか?(※意味がないわけではありません。)
特に、田舎の小規模店舗にとってのホームページは、いかに目的(来店であったり、イメージアップであったり)を実現できるかが重要だと思います。
優れたデザインのホームページが店舗のイメージアップのための機能であったり、そのホームページの目的(何を伝えたいのか?)を具現化するのが仕様書や要件定義書であったり・・・、大事なのは使い手の使い方と目的・目標。それに合わせた機能。

保険会社に例えると、一生懸命保険の説明をするんだけど、肝心要の「その人のリスクって何?どういう補償が必要?」がなく、とりあえずこの特約はとてもいい特約ですよと説明しているような感じです。「特約=ソースコードやデザイン」なわけですが、必要に至る背景がない。顧客を見ていない。分析できていない。そんな感じ。

なので、弊社はきちんと顧客と市場の分析を実施し、より顧客目線なWEBツールの制作を行う会社を目指します。
そして、とても当たり前のことなんだけど、なかなかに難しい基本がしっかりしている会社。そんな会社になりたいと思います。

 

本年度の展開


昨年度の事業は、助走期間と位置付けてきました。フリーミアムのビジネスモデルだったので、未だマネタイズもいまいち、そこが本年度の課題。
今冬にはポータルサイトのアプリも完成します。他社様次第ですが、おそらくいわき初の予定です。今回は、ボタン一つ一つ細部まで計算して制作を行い、弊社独自のシステムも開発しています。ぜひご期待いただければと思います。

また、WEBツール(地域ポータルサイトやホームページ)は、もっと分かりやすく、より使えるモノに。仕組みづくりやデザインを通じて、より良いものを提供していきたいです。
なお、厚生労働省より有料職業紹介事業者としての登録もいただきました。こちらも同時並行でシナジーが発揮できる仕組みを構築したいなと考えています。

兎にも角にも、本年度はいよいよ準備してきたものを披露する年となりそうです。付加価値の高いサービスをご提供できるよう今後も頑張って参ります。

 

目指すべき会社の在り方について


なんでみんな辛そうな顔してるの?
なんでそんなに文句言いながら仕事してるの?
給料が高いからしょうがない。
面白いから給料が安くてもいいや。

現実は少々厳しいようですが・・・

青臭いようですが、弊社は夢の多い会社にしたいなと思います。

仕事が面白い。朝起きても憂鬱な気持ちにならない。
先が見えない仕事にワクワクする。社会にも貢献できる。
給与もたくさんもらえる。夏はバカンスで1カ月休み。
そんな会社を目指しています。

そのためには、
顧客に高い付加価値(バリュー)を出し続けること。
継続的なバリューを生み出すために、絶えず挑戦し続けること。
高いバリューをマネタイズできる仕組みがあり、利益率が高い事。
が必要だと考えます。

まだまだ前途多難ではありますが、「普通は・・・」という根拠のない常識には捉われない、いい意味でクレイジーな会社を目指したいと考えています。

 

 

最後に

このいわき市小名浜の地に事務所を構え、ようやく1年。

まだまだ先が見えない不安定な会社ですが、

今年もワクワクした気持ちで新たな価値を模索する1年になるよう

精いっぱい努力して参ります。

 

株式会社ドリームディレクション

代表取締役 濵津 匡壮

 

事務所移転のお知らせ

各位

いつもお世話になっております。
株式会社ドリームディレクション代表の浜津でございます。

過日、いわき市小名浜にありますショッピングセンター「タウンモールリスポ2階」に
事務所を移転いたしましたので、ご報告申し上げます。
今後とも、より一層のサービス品質向上を図っていく所存でございます。

引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

IMG_0829DreamDirections2

test